月次決算・監査について

月次決算・監査について

毎月の月次決算と月次監査は会社の成長の「要諦」です。

毎月の月次決算とは、毎月の経営状況を把握し、会社運営における経営のために毎月実施する決算のことで、会社法や税法で求められる法律上の年次単位の決算とは異なり、貸借対照表や損益計算書の会計データを、経営に生かす会社にとって非常に有効で重要な手法です。

月次単位で利益が出ているのか、それとも赤字になっているのか、利益が出ているならば、具体的にどれくらいの利益金額なのか、自社のどの部門で利益が上がって、逆にどの部門が赤字になっているのか、現金と預金、手形を含めた資金繰りはどうかなど、当月までの損益と財務の状況が明確になります。

月次決算の実施、月次残高試算表(貸借対照表と損益計算表)の作成を行うことで、月次単位の具体的な数字が理解され、経営者が問題点の発見や改善に迅速に対応できるようになります。

月次決算の実施、月次の残高試算表を活用、これらの作業を東京及び東京近郊の税理士会計事務所に依頼する事で、専門的なプロの目で分析を行うことで、経理上の税務処理なども正確かつスピーディーに行ってもらえます。

新規創業・開業 に強い税理士紹介エージェント、税理士の紹介は、お客様の状況・地域に合わせて、無料で紹介をさせて頂くサービスです。
※但し、紹介ではなく、税理士へのご相談は有料となりますので、ご注意願います。 この機会に税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』 へメールでお申込みしましょう。

月次の分析、月次会計のメリット!

その1 まずは具体的な数字で自社の経営状態を知る。
財務数値を分析することにより、自社の収益構造とコスト構造を把握することができ、また、経営上の強みと弱みを理解できるようになります。
その2 経営の課題を早期に発見することができる。
毎月、月次決算、月次残高試算表(貸借対照表と損益計算表)作成からタイムリーに自社の業績を追うことができるので、数字の異常を早期に発見し、その原因を分析することで、問題が大きくなる前に対応策を講じることが可能となります。
その3 現金と預金中心のキャッシュフロー重視の経営ができる。
貸借対照表、損益計算書と手持ち資金、キャッシュフローの残高を理解することで、利益とキャッシュを同時に増やすために、どこに手を打つべきかが分かるようになります。
その4 月々の積み重ねが万全の決算につながります。
月次決算、月次残高試算表(貸借対照表と損益計算表)を把握することで、年次決算の最終利益の予測が容易となり、決算前の節税対策や銀行対策が余裕を持って行うことができるようになります。

初めて税理士を探そうと思う方は、税理士ドットコム をご利用下さい。
『どの税理士がいいのかわからない…』『そもそも税理士が必要かな…』『税理士の月次や年間の費用をなるべく抑えたいけど…』いろいろな考え方、方法があります。
税理士ドットコムで最適な税理士選び 、この機会に利用しましょう。

最低限、毎月、自分の会社の今を知り、未来へ続く会社を創造しましょう。

月次決算、月次残高試算表(貸借対照表と損益計算表)とは言葉通り、毎月しっかりとした決算をタイムリーに実施して、毎月客観的なデータ分析をするという考えに基づき、会社の現状を知り、次月及び年次決算に向けて具体策を行う、PDCAサイクルを回すように、このくり返しが重要で継続することが、より良い本決算につながります。

東京及び東京近郊でもこの月次決算・監査、月次残高試算表(貸借対照表と損益計算表)をオススメしている税理士や会計事務所がたくさんあります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ