わかりやすい確定申告

わかりやすい確定申告

わかりやすい確定申告

日々働いている方は給与所得や役員報酬に応じて、所得税を納付する義務があり、日本の納税制度は納税者が自ら税額を計算し、自ら納税する申告納税方式を基本としています。

個人は、毎年1月1日から12月31までに生じた所得を、翌年2月16日から3月15日までに申告する義務があり、一般的に、確定申告を行わなければならない人は、個人で事業を営んでいる方ですが、給与所得の他に一定金額以上の収入がある場合、家賃収入や不動産売買などの不動産による収入がある場合、会社員の方も場合によって確定申告をしなければなりません。

東京の税理士会計事務所.COMでは、確定申告なんてむずかしくてよくわからない、忙しくて自分で確定申告ができないという方のための情報が豊富で、東京及び東京近郊で活躍する税理士と会計事務所をご紹介しています。

新規創業・開業 に強い税理士紹介エージェント、税理士の紹介は、お客様の状況・地域に合わせて、無料で紹介をさせて頂くサービスです。
※但し、紹介ではなく、税理士へのご相談は有料となりますので、ご注意願います。 この機会に税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』 へメールでお申込みしましょう。

確定申告が必要な方

  1. 個人事業を営んでいる方
  2. 不動産の賃貸収入がある方
  3. 1年間の給与所得が2,000万円を超える方
  4. 2ヶ所以上の会社から給与の所得がある方
  5. 給与所得がある人で、他の所得の合計が20万円を超える方
  6. 同族会社の社長などで、その会社から役員報酬の他に、貸付金の利子、
    不動産の賃貸料などの支払を受けている方
  7. 住宅やゴルフ会員権を売却して利益がでた方
  8. 給与から所得税が源泉徴収されていない方
  9. 給与の他に年金をもらっている方
  10. 保険金などの満期金がある方

初めて税理士を探そうと思う方は、税理士ドットコム をご利用下さい。
『どの税理士がいいのかわからない…』『そもそも税理士が必要かな…』『税理士の月次や年間の費用をなるべく抑えたいけど…』いろいろな考え方、方法があります。
税理士ドットコムで最適な税理士選び 、この機会に利用しましょう。

申告の手順と準備する資料

1.東京都内最寄りの税務署で確定申告書の用紙を入手
東京であれば、東京都内の各税務署になり、必要な用紙は、確定申告書A、確定申告書B、分離課税用、損失申告用です。
2.必要書類を準備
上記申告書の他に、源泉徴収票や必要経費を証明する領収書、控除を受けるための証明書、登記簿謄本や住民票など、申告前にはそれらを集めて申告書に添付できるように整理しておくようにします。
3.準備ができましたら申告書を作成
上記申告書に必要事項を記入し、税額を計算し、控用の用紙にも同じ内容を記入し、明細書、計算書などの書類も忘れずに添付します。
4.ここまで揃ったら住所地を管轄する税務署に提出
提出期限は2月16日から3月15日で、提出期限の開始日と終了日は、土・日・祝日などによって、前後することがあり、詳しくはお近くの税務署にお問合せください。

確定申告は税理士会計事務所に任せるが確実です

毎年、申告時期が近づくと確定申告が必要な方にとっては、年に1回の恒例とはいえついつい面倒に思ってしまったり、さらに開業したばかりの創業者は、経験がないので勝手が分からず戸惑うことも多くあり、面倒に感じたりするのが「確定申告」というもので、何から何までお願いして本業に専念したいと思う人も多く、ちょっと面倒な確定申告を東京及び東京近郊の税理士会計事務所にお願いしてみませんか。

もちろん、面倒なことを回避できるだけでなく、プロの税理士会計事務所に依頼するわけですから、正確で完璧な申告をすることはでき、結果として節税対策も万全です。

東京の税理士会計事務所.COMでは、東京で確定申告を任せられる税理士、会計事務所をご紹介していますので、ぜひ、ご活用していただき正確な確定申告を行ってください。

ページの先頭へ

ページの先頭へ